#ポタフェス 2019 福岡に行ってきました

2019/5/11に開催されたポータブルオーディオフェスティバル2019  福岡に行ってきました。今回持って行ったのはDAP: iBasso DX200、イヤホン:DITA Answer です。

Noble Audio KHAN

とりあえず最初に聴いたのはNoble Audio KHANです。能率が低くスマホでは本領発揮できないとしつこく念押しされてますね。ブースではまずWM1Zで試聴してから自分のDAPで聴いてくださいとのことだったのでそのようにしました。ちょうど同じ試聴曲も入ってて好都合。ざっくりとした感想はK10とKATANAのいいところ取りみたいな音。ちょっと聴いただけだと普通に思えるけど、たぶん聴き込むとその普通のハイレベルさに驚くんじゃないかと思えました。

次に聴いたのはAAW ASHです。画像はなし。システム構成から想像していたよりかはおとなしい音でした。AXHの方が高音域がキレキレという特徴があってむしろ好ましく感じますが、届いたばかりでダイナミックドライバーが馴染んでなかったのかもしれないです。と書いた後に思い出したのですが、DX200がLow Gainになってました。High Gainにしておけば本来の音が聞けたかもと後悔しています。

Victor HA-FW10000

Victor HA-FW10000を聴いてみました。発売当初は試聴する機会がなかったのですが、周囲の評価が高いので期待していました。感想としては最高の万能機の一言で済みます。アコースティックギターの弾き語りからEDMまでなんでもこれ1本でこなせますね。唯一、解像度は高いけれど冷静に音楽を分析できそうもないという理由でモニター用途だけは向いてないかなと感じました。音楽を聴かせるという強い想いを感じさせる、名機FX1100をさらに洗練・強化した音でした。個人的には本日試聴した中の優勝とします。

DITA OSLOケーブル

リケーブル製品もいくつか試聴しました。まずはイヤホンに合わせてDITA OSLOケーブルです。全世界300個限定のPROJECT 71イヤホンの付属ケーブルを単体で販売予定のものです。感想としてはウォーム&ナチュラルで女性ボーカルが心地よく聴けるケーブルです。S’NEXTのスタッフさんにはDITA Answerがmmcx化してあるのがウケてました。

Brise Audio ASUHA

Brise Audioさんの新作ケーブルASUHAはしっかりとした低音域に支えられた美しいピラミッドバランスで高音域まできれいに伸びていて好感度高かったです。見た目はゴツそうですが、しなやかで取り回しも悪くありませんでした。これは欲しくなりましたね。

onso 04シリーズ (iect_04_bl2m_120)

onso 04シリーズ(iect_04_bl2m_120) も試聴してみました。ナチュラルで聴き疲れしない音で、音場も解像度も必要充分以上のものがあります。どんなイヤホンにも合わせられそうな懐の深さがあるスタンダードなケーブルだと感じました。これも1本持ってても良いかな。

Nutubeポタアン

KORGブースではNutubeポタアンを試聴しました。衝撃を与えるとキーンという真空管らしいノイズが出ますね。やはり音数少なめのアコースティックっぼい音源と相性が良かったです。iBasso DX200用アンプモジュールAMP9が楽しみになってきました。

他にもふだん福岡では聴けないような多くのメーカー・ディーラーの様々な製品を試聴することが出来て、やっぱり行って良かったなと思えるイベントでした。