WordCamp Kyoto 2017に参加しました

去る2017年6月24, 25日に開催されたWordCamp Kyoto 2017に参加しました。ブログを書くまでがイベントです、とはよく言われる事ですが、ブログを立ち上げるところからスタートしたら2週間も経ってました。

滋賀県大津市のホテルが京都市内と比べて半額ぐらいだったので、そちらから地下鉄とバスを乗り継いでやって来ました京都大学。バスを降りてキャンパスの方へ向かうところから伝統を感じさせてくれますね。

最近の学生運動はTwitterアカウントも取ってるらしいです。

立派な門から入った正面にも大きな看板が。

会場に上がって受付を済ませ、ネームカードと記念品を受け取りました。このネームカードに名前を書いて属性スタンプ(初心者にしました)を捺したらストラップに下げて使います。そして開くと天地が逆転してパンフレットになるという非常によく考えられたデザインで周囲でも好評でした。そしてステッカーと3Dわぷーストラップ!

京都らしさが存分に感じられる和傘、湯呑み、手拭いといったグッズたち。

構内のカフェで頂いた「みたらし団子とほうじ茶のアイス」美味しかったです。でもランチでステーキ総長カレーを頼まなかったことは今でも後悔しています。

遊びに行ったわけではないのでセッションの話も。

こんな感じでチョイスしてみました。画像のスライドは紀野さんのDrupal解説のものですね。

高橋さんのセッションでは、改めてWordPressのユーザー層の広さと豊富な情報について実感しました。その溢れる情報から価値あるものを配信するメディアというのはありがたいものですね。

榊原さんのセッションではSaaS型の WordPress.com をバックエンドに使った活用法について学びました。こちらはいかにもWordPressならでは、という内容で苦労して活用のための道を切り開いたことに敬意を表します。

紀野さんのセッションではDrupalについて解説。WordPressもCMSではあるのですが、ケースによってはDrupalが持つ機能を活用した方が有効になると感じました。たいていのことは管理画面から操作できるとの事でしたが、どこに何があるのか把握するのはとても大変そうです。

懇親会では海老のお寿司が出ました(他にも色々出ましたよ)

久しぶりの人、初めての人たちと語り合って、やはりWordPressの活発なコミュニティは素晴らしいなと感動しました。

今回の会場